M字ハゲの原因と対策方法

haircare

M字ハゲをご存じですか?実際にM字ハゲに悩んでいる方もいるかもしれませんね。

M字ハゲとは、額の両側の剃り込み部分から薄毛が進行し、髪の生え際がM字になってしまうことからこう呼ばれています。比較的若年層から発症することが多いため、M字ハゲで悩んでいる方も多くいます。

 

M字ハゲの原因とは?

mjihagehatsumo1

M字ハゲの原因には様々な要因があり、その原因により対処法も違ってきます。

主な原因に遺伝が一番大きな原因とされています。ハゲの90%はAGA、つまり男性脱毛症にあるとされています。

AGAとは男性ホルモンの発するDHTが発毛サイクルを阻害し、髪が生えないようにしてしまうものです。発毛サイクルとは髪の毛が生え、伸びて、太くなり、脱毛する一連の髪の生成のサイクルのことで、これがちゃんと働かないと薄毛になってしまいます。

AGAになりやすいタイプの方は男性ホルモンが強いことが多いとされています。M字ハゲの場合、それが剃り込み部の脱毛となって現れたものです。

男性ホルモンはテストステロンとして毛髪の毛乳頭細胞に入り込み、αーリアクターという酵素が発生し、テストステロンをジヒテストロンに変えます。それがまた別の男性ホルモンとレセプターとして結合し、毛乳頭部で作用し脱毛を促します。

AGAのメカニズムとしてはこの程度知られているのですが、実際にはどのような作用が起こっているか解明できていない部分が多く、男性ホルモンがなぜ脱毛につながるのかは結局謎のままといえます。

また生活習慣がM字ハゲの原因とされることもあります。例えば、たばこなどは血管が収縮するので頭皮の血管に充分な血液と栄養素が行き渡らなくなり、頭髪が抜けていくとされています。

さらに睡眠不足により基礎体力の低下や血液循環の悪化が起き、これもまた頭髪から髪が抜け出してしまうM字ハゲの原因と見られています。またストレスをためてしまうと基礎体力が低下し同じく脱毛につながるとされ、眼精疲労や食生活の乱れからの栄養バランスの崩れが原因ということもあります。

以上のことからわかるように、遺伝以外では生活習慣の乱れによる身体への負担が原因となっていることがわかります。

これらの不健康な生活を行っていなかったか思い返してみましょう。ストレスに満ちた現代生活では思い当たるふしがたくさんあるのではないでしょうか?

 

M字ハゲの対策方法その1

a

M字ハゲを解消したいのであればまずは不健康な生活を改めましょう。

夜更かしなどをしている人はまずは早寝早起きを心がけ、毎朝ちゃんと朝日を浴びることで体内時計を正しましょう。こういった規則正しい生活を送れば基礎体力が回復していきます。

健康的に身体を動かすことも非常に大事です。別に激しい運動である必要はなく近所を軽くウオーキングするだけでも体力がついてきます。

乱れた食生活を送っていると髪が生えるための栄養素が不足しがちになってしまいます。髪を生やすための材料がなければ生えるものも生えません。

髪を生やしたいならばイソフラボンが効果的です。大豆に多く含まれており、味噌や煮物などにして摂取すると良いでしょう。また海藻類も発毛には効果的です。

それでもM字ハゲが進行し、どうにもならなくなったら思い切って髪型を変えるという方法もあります。ハゲを隠そうと無理に髪を伸ばしても見苦しくなるだけです。逆に思い切り短くベリーショートなどにするとバッチリとスタイルが決まりカッコよくなることもあります。

 

M字ハゲの対策方法その2

large_thumbnail_imasia_14636762_M

男性ホルモンがハゲの原因の一つということはわかっているので、その働きをなんとかすれば良いのです。

そのために効果的な物が育毛剤や発毛剤や養毛剤です。これらの区別は厳密なものではないのですが、養毛剤は髪が抜けないよう予防として使われ、育毛剤は抜け始めた髪に栄養を送り抜けにくくする作用があり、発毛剤はその名の通り髪が生えるように頭皮に作用します。

自分がAGAだとわかったら育毛剤などを活用するのも方法の一つです。ただ価格が高めになっているのが悩ましいところです。発毛サイクルの関係でどうしても3カ月以上は使用し続ける必要があるので、最近は比較的低価格化しているとはいえ大層な出費となってしまいます。

それで効果があれば良いのですが、まるで効果がなかったら目も当てられません。また使用されている成分によっては副作用で好ましくない場所に毛が生えてしまうということもあり使用には慎重さが必要です。

しかしAGAは自然回復しない症状ですので放置していたらひたすら悪化するだけです。

 

M字ハゲの対策方法その3

ハゲ専門家

育毛剤などでダメなら専門家に相談するという手段があります。ハゲの専門の医師というと意外でしょうが実は身近に存在しています。それが「皮膚科」の医師です。

ハゲは皮膚科の専門となっているのです。自分一人の判断では心もとないならば専門家の意見を仰ぎ、今後どうしていくのか決めるのも良いではないでしょうか。

ただしハゲの治療の場合は保険が利かないので実費での支払いとなり、それ相応の価格になります。処方される薬の関係もありますが3万円程度は覚悟しておいてください。

しかし専門家の意見が聞け、専門家の処方した薬を使えるというのは心強いのではないでしょうか。

また発毛治療専門のクリニックもあり、カウンセリングだけならば無料というところも多いのでそこで相談してみるのも良いでしょう。おすすめは「ヘアメディカル」という専門クリニックです。

ヘアメディカルの無料カウンセリングだけでも構わなく、しつこい勧誘などもありませんので専門のカウンセラーにアドバイスを貰うだけでも相談する価値はあります。

どちらにしろ、ひとりで欝々と悩んでいるより専門家に相談した方が正しい治療に繋がるので分別のある行動といえるのではないでしょうか。

大事なのはM字ハゲを気にして落ち込んだりしないで、ハゲなんて笑い飛ばすくらいの心の余裕を持つことです。そのような気持ちで育毛剤やクリニックなどで本格的に対策するといいでしょう。