【養毛剤の効果とデメリット】育毛剤との違いとは?

creams-and-lotions-1412208-640x960

養毛剤の効果とメリットとデメリットについて解説しましょう。

まず養毛剤とはどのようなものなのでしょう。似たものに発毛剤、育毛剤があります。

これらとどう違いがあるのか。基本的には目指すことは同じです。

薄毛を解消するために発毛を促すことです。

違いは発毛のためのアプローチの違いにあります。

発毛剤は脱毛した毛乳頭などを直接刺激し発毛を促します。

育毛剤はその名の通り、髪が育ちやすい環境を整えます。フケや皮脂を抑え、髪のツヤやコシを保ち頭皮を保湿して、髪が生えやすい状態を保ちます。

では養毛剤はというと、脱毛を防止し、薄毛の進行を阻止しつつ、髪が生えやすいよう頭髪に良い栄養を与えてくれます。まさに髪の毛を養ってくれるわけです。

しかしここでさらなる疑問を感じるのではないでしょうか。

結局のところはどれも似たようなものではないのか、と思われても無理はないでしょう。

実際、ネットで養毛剤などを紹介するサイトでも養毛剤や育毛剤、発毛剤を厳密に分別せずに間違ったまま分類して表記されているところも珍しくありません。

そうなのです。似たように思われるでしょうが実は養毛剤や育毛剤、発毛剤は法によって厳密に分類されています。

薬事法によって、育毛剤と発毛剤は「医薬品」に分類されます。

それに対し、養毛剤は「化粧品」という扱いになっています。スキンクリームやヘアトニックなどと同じ扱いになるわけです。これが養毛剤のメリットとなります。

化粧品ということはそれだけ手に入れやすく、強い副作用の心配がないということです。安全性が高く安心して使用できます。また化粧品ということは美容目的で使用されるものですので、髪の見栄えが良くなり、それだけ頭皮環境が整うことを意味します。

しかし逆にそこがデメリットにつながります。

強い副作用の心配が不要ということは、強い効果もないということになります。

安心して使える代わりに効果をあまり期待できないということでもあります。養毛剤は基本的に栄養を髪と頭皮に与え、脱毛を防止し発毛を促すというものです。

それらがまったくの無駄になるとは限りませんが、脱毛の原因への対策になるかというと疑念が残ります。脱毛の原因には円形脱毛症や炎症、AGAなどが主なものですが、どれも栄養補給だけで解決できるものはありません。

ですので、養毛剤はその名前の通り、髪の毛の状態を健康な状態に保つために使用する化粧品としての役割を与えた方が、ずっと活躍できるのではないでしょうか?